住宅

電球をLEDタイプではなく蛍光灯タイプを購入した理由

お風呂場の電球が切れたたため蛍光灯タイプに交換しました。

LED電球

今流行りのLED電球ではなく、蛍光灯タイプです。
お風呂場の電球はE17タイプの60W、消費電力が低いLEDタイプか蛍光灯タイプにするか比較したんですがトータルを考え、蛍光灯という結果になりました。

蛍光灯タイプ

スポンサードリンク

10年使用した場合

蛍光灯タイプを購入した理由は2つあります。

明かりのバラつきがある

LEDタイプは電球の頭部分がLEDとなっているので電球とは違い、全体が光りません。
そのため器具によっては明るい部分と暗い部分の光のムラが出てしまう可能性があったのです。
その点蛍光灯タイプは発光する部分が広いので光のムラをきにする必要はありません。

トータルコストは蛍光灯タイプが安かった

もう一つは電気代を含めたトータルコストです。今回交換する電球タイプはE17 60Wタイプ。
E17の60WLED電球は約2,500円/個するのでまだまだ高価です(2015年1月時点)。
蛍光灯タイプは約1,000円/個とLEDタイプに比べ安め、普通の電球(クリプトン球)は約300円/個と一番安く購入できます。

そこで電球購入前に電気代と電球の金額を含めたトータル金額を比較してみました。条件としては以下の通りです。

  • 電力量単価(円/kWh)は 23円とする
  • 一日3時間使用
  • 電球:60W、蛍光灯10W、LEDタイプ8Wとする
  • 購入金額:電球 約300円、蛍光灯1,000円、LED2,500円
  • 対応年数:電球2,000時間 蛍光灯13,000時間 LED40,000時間
  • 10年間使用した時のトータルコストを計算してみました。

    10年使用した場合

    ■電球の場合
    60(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×10(年)=15,111円
    電球代300円×5個 1,500円
    ——————————
    合計コスト 16,111円

    ■蛍光灯タイプの場合
    10(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×10(年)=2,518円
    蛍光灯代金 1000円×1個
    ——————————
    合計 3,518円

    ■LED電球の場合
    8(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×10(年)=2,015
    LED代金 2500円×1個
    ——————————
    合計 4,515円

    10年使用した時のトータルコストは蛍光灯タイプが一番安い結果となりました。
    それでは20年使用した場合はどうでしょうか?

    20年使用した場合

    ■電球の場合
    60(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×20(年)=30,222円
    電球代300円×11個 3,300円
    ——————————
    合計コスト 33,522円

    ■蛍光灯タイプの場合
    10(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×20(年)=5,036円
    蛍光灯代金 1,000円×2個
    ——————————
    合計 7,036円

    ■LED電球の場合
    8(W)÷1000(kW)×3(h)×23(円/kWh)×365(日)×20(年)=4030円
    LED代金 2,500円×1個
    ——————————
    合計 6,530円

    さすがに20年使用するとLEDタイプの方がメリット出てきますね。
    ただ20年後となるとお風呂場のリフォームもしているかもしれないし、その時にはもっとLED電球は値段が下がっていると思います。そこで、蛍光灯が切れたタイミング(約12年後)にLEDタイプに交換す方がいまのところメリットありそうだと思い蛍光灯タイプを選択しました。

    お風呂場の明かりなので一日あたりつける時間が少ない場合ですが、リビングなどのつけている時間が長い場所であればLEDタイプは十分メリットがあると思います。

    スポンサードリンク

    スポンサードリンク

    PAGE TOP