Wi-Fi

無線LANとWi-Fiの違いとは

無線LANとWi-Fiの違いは、簡単に説明すると

・無線LAN=無線でネットワークを形成しデータのやり取りを行う仕組み
・Wi-Fi=無線LAN機器の中でWi-Fi Allianceが接続を認証した機器(ブランド名)

という意味です。

無線LANとWi-Fiのち外

無線LANとは

ケーブルを使わずに電波で通信するLAN(社内/家庭内ネットワーク)の総称。
IEEE(アイトリプルイー・米国電気電子学会)が定めた無線LANの規格IEEE802.11規格のことを指します。

Wi-Fiについて

Wi-Fi

業界団体のWi-Fi Allianceが相互接続を認定した「無線LAN製品のブランド」です。
Wi-Fiのロゴがあれば異なるメーカーの製品でも相性問題がなくつなげることができます。

Wi-Fiができた理由

無線LANが市場に出回り出した当初IEEE802.11規格に準拠した無線LAN機器同士でも繋がらない、速度が遅いといった問題がありました。
そこで無線LAN機器を販売しているメーカー同士が業界団体を立ち上げ相互接続テストに合格した製品に「Wi-FI」というブランドをつけることになりました。

最近ではWi-Fiという言葉は無線LANという意味でもつかわれることが多く曖昧になっています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. Wi-Fi

    Wi-Fiに対応していない機器を無線LAN(Wi-Fi)につなぐ方法

    Wi-Fi対応機器が増えましたがまだまだWi-Fiに対応していない機器…

  2. Wi-Fi

    Wi-Fiを導入する3つのメリット

    スマートフォンやタプレット端末を始め最近の家電にもWi-Fiが採用され…

  3. Wi-Fi

    Wi-fiとは

    Wi-fi(ワイファイ)とは無線LANのプランドのことです。最近では…

  4. Wi-Fi

    Wi-Fi(無線LAN)に必要なものは?

    Wi-Fi(無線LAN)を使用する際に親機と子機が必要になります。有…

  5. Wi-Fi

    持っているパソコンがWi-Fi(無線LAN)に対応しているか確認する方法

    パソコンを購入した時はWi-Fi(無線LAN)環境ではなく、後からWi…

スポンサードリンク

PAGE TOP