nasne(ナスネ)

PS Vitaと相性バツグン!ネットワークレコーダーnasne(ナスネ)を購入した!

発売してから時間がたってしまいましたが、一週間ほど前にソニーのネットワークレコーダーnasne(ナスネ)を購入しました。最近テレビを観る機会も少なくなってはいるんですが、普通のレコーダーとは違う、PS Vitaとの連携がバツグンとの評価があったので導入してみました。今日はつかってみた感想を紹介します。

スポンサードリンク

ネットワークレコーダーナスネって?

ナスネというのは「映像端子がないハードディスクレコーダー」です。普通はテレビと接続するためにHDMI端子などが本体に用意されているんですが、そういったものが一切ありません。唯一あるのがLANケーブルの差し込み口です。映像や音声はネットワーク経由で配信されるといういままでにないコンセプト商品です。

nasne本体

詳細説明は下記の動画が参考になります。

Vitaとの相性は?

PS Vitaとナスネ同じソニー製品ということもあり、Vitaとの連携はバツグンです。Vitaでできる機能は以下の通りです。

  • テレビ番組を観る
  • 番組予約を行う
  • 録画番組を観る
  • 録画番組を書き出してVitaに保存する

ナスネのほとんどの機能をつかうことができます。

Vitaで連携する前に準備

Vitaとナスネの連携させるためのアプリケーション「torne PS Vita」をダウンロードしましょう。通常は800円かかりますが、2013年2月27日まで期間限定で無料になっています。ナスネをもっていなくても期間中なら無料なのでとりあえずダウンロードしておくのもいいと思います

方法は、PS Storeからアプリケーション→「torne PS Vita」を選択しダウンロードを開始します。

 torne PS Vita

テレビ番組を観る

Vitaで番組を観る場合、torne PS Vitaアプリをつかって操作します。

テレビ画面

起動に15秒程度またされますが、その後にもたつきなどは一切なくとっても使いやすいです。

番組予約をする

番組予約もとっても簡単。番組表から録画したい番組を選択し、予約をするのみです。
また、トルネ、ナスネを使っているユーザーで予約が多いランキングも表示させることができるので、注目番組も見逃しません。

予約

録画番組を観る

ナスネに保存された番組を観るときには「Video」を選択しみたい番組を選択するだけです。同じネットワーク内であればどこでもみれる気軽さがいいですね。

ビデオを観る

録画番組を書き出してVitaに保存する

ナスネに保存されているビデオ番組をVitaに保存させることも可能です。Vitaに保存することで外出先でもビデオをみることができます。
方法は、保存したい番組を選択し「ビデオ書き出し」を選択するだけです。環境にもよりますが、30分版組で約10分程度書着だし転送に時間がかかりました。

動画転送

nasneの不満点

いいところもありますが、ちょっとココがナスネの不満点というところもあります。

チューナーが1系統しかないシングルチューナー

ナスネはシングルチューナーで同じ時間帯の番組は1つしか録画できません。2番組同時となると、もうひとつナスネを増設することで可能になるみたいですが、増設すると管理も大変だし、一元管理ができないのでダブルチューナーに対応してほしかったです。ダブルチューナーに対応したBDレコーダーの価格は安いモデルで約4万円程度で購入することができるのにいまどきシングルチューナーは物足りない。+5000円アップぐらいまでだったら十分に買いなんですが…。

そのほかについてはいまのところ大満足です。やっぱり録画予約、視聴が手軽にできるようになったのがいいですね。

PAGE TOP