PS Vitaの設定

PS Vita 開封フォトレビュー

2011年12月17日とうとうPS Vitaが発売されました。事前に予約しておいたので発売日当日に無事PS Vitaを手に入れることが出来ました!
PS Vitaには3G/Wi-FiとWi-Fiモデルの2種類がありますが、購入したモデルは「3G/Wi-Fi」モデルです。Wi-Fiモデルとの差は無線LANなどのネットワークに加え、ドコモの電話回線ネットワークに繋げられることや、位置情報のGPS機能がついています。

本体価格は29,980円(税込)とWi-Fiモデルの5000円高ですが、初回特典として、
通信利用可能時間:103時間/通信ご利用期間:180日間のプリペイドデータプラン 100h(4,980円(税込))と契約事務手数料(2,100円(税込))がセットになっているので実質的な価格はWi-Fiモデルと同価格となっています。

それでは早速開封レビューしていきましょう!

スポンサードリンク

PS Vitaを開封してみた

PS Vita外箱

PS Vita外箱はこんな感じです。

箱を開けると取説などが

前面のカバーを開けるとクイックスタートガイドなどの取扱い説明書が。

付属品一式

PS Vita本体と付属品一式です。内容物はPS Vita本体、USBケーブル、ACアダプター、電源コード。

充電ケーブル

付属のACアダプターとUSBケーブル。PS Vitaと接続端子は専用端子になっていますが、ACアダプター側は一般的はUSBタイプになっていました。
家に転がっていたUSB電源でも充電することができたので汎用性がありますね。

充電しながら操作可能

充電ケーブルは本体中央下に接続します。プレイ時でもひっかかるような場所ではないので充電しながらでも操作できます。

PS Vita用ACアダプター

ACアダプターの表記を確認すると「INPUT:100V-240V 0.2A 50/60Hz、 OUTPUT:5V 1500mA」の表記が。海外でも対応していますね。

背面カメラ

背面にはカメラが内蔵されています。

前面にもカメラが

本体操作ボタン近くにもカメラが。

電源ボタン

電源ボタンは上部左側です。

PS Vita本体下側

PS Vita本体下には充電用の端子、イヤホンジャック端子、メモリーカードスロットがあります。

PSVita上部

PS Vita本体上部にはPS Vita用のゲームソフトスロット、アクセサリー端子が用意されています。

SIMカードスロット

3G/Wi-Fiモデルには携帯電話の通信ネットワークを使用できるSIMカードスロットが本体左側に用意されています。

PS Vita用メモリーカードも購入した

PS Vita用メモリーカード8GBを3200円で購入。これがないとゲームによってはダウンロードしたデータが保存できないなど制限がありす。
使い方でどの位容量が必要なのかわからなかったのでとりあえず8GBを購入し使いながら様子をみようと思います。

PS Vita用メモリーカード

パッケージはこんな感じです。

小さいサイズ 8GB購入

思っていたよりも小さいのでそのままだと無くしそうですね。

メモリースティックPRO DUOと比較

メモリースティックPRO Duoと比べたところ約半分ぐらいの大きさです。

SIMカードと比較
3G/Wi-Fiモデルに同梱されているドコモの通信用SIMカードと比べてみても約3分の3程度でしょうか。

ざっくりとですが本体のレビューを行いました。
次は初期設定を行なっていましょう!

関連記事

  1. PS Vitaの設定

    PS Vitaに日本通信のSIMカード「b-mobile U300」を差し替えて使ってみた。

    初回限定版のPS Vita 3G/Wi-Fiモデルにはドコモのモバイル…

  2. PS Vitaの設定

    PS VitaでPSPゲームをダウンロード購入する方法

    PS VitaにはPSPに採用されていたUMDスロットはありませんが、…

  3. PS Vitaの設定

    PS Vitaに音楽、動画、画像を転送するコンテンツ管理アシスタントを使ってみた

    PS Vitaはゲームはもちろん音楽や動画、写真、を楽しむ機能もついて…

  4. PS Vitaの設定

    PS VitaでPS3とBDレコーダーのおでかけ転送を使ってみた

    PS3のオプションチューナートルネ(torne)やソニー製ブルーレイレ…

  5. PS Vitaの設定

    PS Vita初期設定を行おう

    PS Vitaの本体、付属品などを確認し早速初期設定を行いましょう。…

PAGE TOP