Wi-Fi

Wi-Fi(無線LAN)に必要なものは?

Wi-Fi(無線LAN)を使用する際に親機と子機が必要になります。
有線接続の場合、ルーターとパソコンのLAN端子をLANケーブルで接続する必要がありますが、無線LANの場合、ケーブルではなく電波を使用するため電波をやりとりできる機器が必要になります。

親機子機の役割

  • 親機 無線LANルーターやアクセスポイント
  • 子機 パソコンやタブレットなど

Wi-Fi親機の役割

Wi-Fi親機
親機は無線LANルーターやWi-Fiルーターなどと呼ばれ、主に電波の接続やセキュリティ設定、データのやりとりを管理しています。Wi-Fi(無線LAN)の司令塔の役割を担っており、Wi-Fi(無線LAN)を始めるためにはこれが必要になります。

Wi-Fi子機の役割

Wi-Fi子機

一般的にパソコンやスマートフォン、タブレットなどのWi-Fi(無線LAN)に対応した端末のことを指します。スマートフォンやタブレット端末はほぼすべてWi-Fi(無線LAN)に対応しています。
パソコンは最近発売されているモデルならばすでにWi-Fi(無線LAN)に対応している場合もあるので持っている機種がWi-Fiに対応しているかを確認してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

  1. Wi-Fi

    持っているパソコンがWi-Fi(無線LAN)に対応しているか確認する方法

    パソコンを購入した時はWi-Fi(無線LAN)環境ではなく、後からWi…

  2. Wi-Fi

    無線LANとWi-Fiの違いとは

    無線LANとWi-Fiの違いは、簡単に説明すると・無線LAN=無線…

  3. Wi-Fi

    Wi-Fiを導入する3つのメリット

    スマートフォンやタプレット端末を始め最近の家電にもWi-Fiが採用され…

  4. Wi-Fi

    Wi-Fiに対応していない機器を無線LAN(Wi-Fi)につなぐ方法

    Wi-Fi対応機器が増えましたがまだまだWi-Fiに対応していない機器…

  5. Wi-Fi

    Wi-fiとは

    Wi-fi(ワイファイ)とは無線LANのプランドのことです。最近では…

スポンサードリンク

PAGE TOP